矢印

日本人のタベモノ作り

国土のまわりを海で囲まれ、またその過半を森林で覆われ、
また資源に乏しかったこの国の人たちは、多くを望まず限
られた環境の中で常に工夫と改善を追求してきました。

今日より明日は、良い日のはず。
明日という日は「明るい日」。
そんな未来志向のもと、努力と工夫を重ねてきました。

気候風土にかなった、それぞれの地域の特産品は、
形を変えながら伝統を紡いできました。

国土のまわりを海で囲まれ、またその過半を森林で覆われ、 また資源に乏しかったこの国の人たちは、多くを望まず限 られた環境の中で常に工夫と改善を追求してきました。

今日より明日は、良い日のはず。 明日という日は「明るい日」。 そんな未来志向のもと、努力と工夫を重ねてきました。

気候風土にかなった、それぞれの地域の特産品は、 形を変えながら伝統を紡いできました。

日本のタベモノ作り
その手間の向こうに

その手間の向こうに

ほんの30年前まで、外食はごちそうでした。

しかし近年の大量生産、効率化により外食も中食もお手頃な価格となり
さらに、食の欧米化によって伝統的な和食は、忙しい現代人にとって、忘れられる存在になりつつあります。

しかし、ここで振り返らなければいけないのは、果たして 食は効率化するべきものなのかと。高脂質、高油脂食品の もたらす身体への影響について今一度考えるべき時なので はないでしょうか?

その手間の向こうに

ほんの30年前まで、外食はごちそうでした。

しかし近年の大量生産、効率化により外食も中食もお手頃な価格となり
さらに、食の欧米化によって伝統的な和食は、忙しい現代人にとって、忘れられる存在になりつつあります。

しかし、ここで振り返らなければいけないのは、果たして 食は効率化するべきものなのかと。高脂質、高油脂食品の もたらす身体への影響について今一度考えるべき時なので はないでしょうか?

その手間の向こうに

タベモノを大切にすること

昭和の終わりごろまで米一粒でもお茶碗に残すと、
父親から「農家が大切に作ったお米を無駄にするな」と
叱られました。

食の欧米化、大量生産の波はタベモノを溢れさせました。
しかし、この豊かさは本物なのでしょうか?大量の食品
生産は一方で大量の廃棄を生みます。
私たち日本はそんなに富める国なのでしょうか?

本当の豊かさとは?
Una casita <おなか すいた>は問い続けてまいります。

昭和の終わりごろまで米一粒でもお茶碗に残すと、 父親から「農家が大切に作ったお米を無駄にするな」と 叱られました。

食の欧米化、大量生産の波はタベモノを溢れさせました。 しかし、この豊かさは本物なのでしょうか?大量の食品 生産は一方で大量の廃棄を生みます。 私たち日本はそんなに富める国なのでしょうか?

本当の豊かさとは? Una casita <おなか すいた>は問い続けてまいります。

その手間の向こうに

Una casita公式アカウント

Una-casita Official Acount